2016年11月28日

ポイントコンデンサー交換失敗 再トライ

さて、取り付けが出来ない問題が発覚した後始末です。

手持ちのアルミ片を加工して、取り付けプレートを製作。
それに合わせて再度、コンデンサーのケーブルの手直し。(ちょと長くしなければいけない。)

コンデンサーを纏めて、エンジンのバンク側に取り付けることに。
プレートを複数作るのが面倒だったのと、エンジン外側は取り付け空間に余裕があまりなかったので。

/DSCF4003-2.jpg

コンデンサーを取り付けて、エンジンの始動チェック。
とりあえず、エンジンは、かかりました。

しかし、工具や予備部品の後片付け後に、余った部品発見。ワッシャ二枚。
ああ、また手直しです。

/DSCF3999-2.jpg
posted by 青い亀 at 00:00| Comment(0) | 車両メンテナンス

2016年11月26日

ポイントコンデンサー交換失敗

点火系がうまくないのは、明白です。
さてと、原因はまだ掴めていません。
午後の気温が上がってきたところを見計らって、作業開始。
青空整備なんで。

前回は、対策として、右の気筒のコイルを交換しました。
でも、問題解決には至らず。

今回は、ポイントコンデンサーの交換に挑戦です。
用意したのは、ハーレーのサードパーティとして有名なブルースタークのコンデンサーです。
メキシコ製です。手持ちの容量計で測って皆ところ、0.198μFと0.202μFとまずまずのばらつきです。
/DSCF3984-2.jpg

さて、取り付けようとしたところ、ケーブルが短いことに気がつきました。
ハーレー用は、7cmぐらい、Guzzi用は、11cmぐらいです。
仕方がないので、半田付けで延長しました。
/DSCF3989-2.jpg

さて、取り付け作業再開です。
今度は、コンデンサーのマウントが短くマウントできないことが発覚。

/DSCF3991-2.jpg

どうしたものか、
手持ちのL型ステーを使ってみようとしたところ、3mmφようなので、ビスが通らず断念。
後日に持ち越しとすることにしました。

作業中に、ガソリンタンクマウントラパーベルト(燃料タンクの固定用のゴム紐、通称「ちぎれそうなゴム」)が破損しているを発見。予備のものと交換。
/DSCF3993-2.jpg

ウインカーリレーをICタイプのものに交換。
これは、3度目の正直ですね。
1度目は、安いセール品を買ったら、あまりの実装の「凄さ」にしようを断念
2度目は、CF12で極性が逆で使えず
ようやくCF14を購入、して取り付けとなりました。
これで、ウインカーランプをLED化できるぞー。
posted by 青い亀 at 23:05| Comment(0) | 車両メンテナンス

2016年10月16日

2016 北関東ツーリング 3日目

マーニクラブの仲間とゆっくり朝食を食べて、駐車場に集まる。

I氏のジャポネの調子が悪いとかで、みんなで取り囲んでいると、「ポ・シュン」という音と共に白煙が上がり、インジェクションが脱落しました。
どうやらインジェクジョンの収まりが悪るかった様子です。
インジェクションを押し込んだら、調子が戻った様子です。

I氏は、単独で修理のため早めに帰途につきました。
Leman 1100系は、バックファイヤの持病でもあるのかなぁ。

私はの単車は、朝から、片肺です。
いや、片肺になったり、戻ったり。
クラブの皆さんに心配と迷惑をかけながら帰宅。
走りながら、プラグコードを抜いて調べたところ、どうやら右の気筒がおかしい様子。

昨年トラブルを起こして、左のコンデンサーは、中古に交換してもらったのですが、右かまだ私が交換したものが付いています。
どうやら、あまり良くないコンデンサーを仕入れてしまったようです。

高速を燃費を気にしながら、ゆっくり帰宅

DCIM0352.jpg

燃料 21.82[l] \2,918
2016 10 16 route
posted by 青い亀 at 00:00| Comment(0) | ツーリング