2018年01月25日

点火装置交換-1

いよいよ、秘密の計画の実行に移す時がきました。
足がけ3年。のんびりやってきました。
今日は、暖かく、風も無いので思い切って実行です。

新しい点火システムは、コッキーネット(http://www.cokky.ne.jp/kamihikoki/) のSP-DTC V140です。
ピックアップの作成からお願いしましたので、時間がかかってしまいました。

DSCF4826-2.jpg
まずは、デスビ(点火ポイント)の中身を取り出します。
ここで、衝撃的事実が発覚。
なんと、進角の為のガバナーが固着していて、「固定進角」となっていました。
ここしばらく「コンデンサー変えてから、調子良いなぁ。燃費も良くなったし」などと考えていたのはなんだったのだろうか?
「違いの分からない男」の面目躍如たるところです。
後で確認してた頃、スリップブレートが歪んでいるのが発見されました。
DSCF4839-2.jpg

私の想像では、
1. スリッププレートが歪む
2.ガバナーが動作しなくなる
3.動かないので固着

となったと思います。しかし、いつから不調だったかは不明です。
もしかすると、車両購入時から?そうだとすると、28年間固定進角で載っていた事に。

DSCF4828-2.jpg
ピックアップを入れ込んで、仮配線でエンジン始動。
ヤッタァ。一発で掛かりました。
ここで日没終了。
posted by 青い亀 at 00:00| Comment(0) | 車両メンテナンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: