2018年04月15日

点火装置交換-2

コネクターの予備が無く、取り付け場所の検討で、保留していたバキュームセンサーの取り付け作業です。

今日は、マーニクラブのツーリング予定だったので作業をするか、ツーリングに出るか迷っていたのですが、
天候が不安定で、ツーリグは中止のはず。心置きなく作業ができます。

パイプに巻きついて、パイプを壁面に固定する、Pクリップとかサドルとかハーネスクリップと呼ばれる物をいくつか購入して、トライしてみる。JCS-SP35 を採用。他の調達した物は、鉄製ですがこいつだけステンレスだったので。

バキュームセンサーと、インマニを接続するチューブは、 内径×外径(Φmm)4.8×8.7のガソリンホースを採用。単純に耐熱、耐油で一番安かったからです。
インマニは、Le Man 1100用に交換してあり、バキュームセンサーの取り出し口があります。

バキュームセンサーを取り付けても、始動性は変わらず。
後、始動前に負荷値が100%以上(メモリなし、150%)で値が780位になっている。
これって正常なんだろうか。780mmHgならその通りなんだが。。

DSCF5334-2.jpg
posted by 青い亀 at 22:39| Comment(0) | オートバイパーツ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: