2015年06月14日

2015 電装系チェック

昨日、時間切れで確認出来なかった、レギレータとウインカーリレー動作チェックです。

まずは、ウインカーリレーの配線のチェック。
DCIM0192.jpg
あ、ウインカーリレーの期待している電源のプラスとマイナスが逆です。
これでは、動作しません。今回調達したのは、CF13型です。
CF14型にしなければいけなかったようです。
さあ、どうしようかな。配線を取り替えるのも面倒だし、とりあえず古いリレーを戻します。
古いのも動作に問題があるわけではなく、ウインカーバルブをLEDに交換に出来ないだけですから。

次は、レギレータです。
こいつは、シートカバー、ガソリンタンク、バッテリーを外さないと取り外し出来ません。
DCIM0172.jpg
バッテリーには、ビニール紐が掛けてあって脱着の手がかりにしています。


レギレータを部屋に持ち込み動作確認です。
D+は、バッテリー電圧がかかります。D-は基準電位、マイナスです。DFは、ローターへの電力供給です。
D+とD-の電圧を徐々に上げていって、DFとD-の電圧を測定します。
しばらくは、D+の電圧に伴ってDFの電圧が上がります。
しっかり、13.8[V]で出力が切れました。
これで、レギレータは、問題なく動作していることが確認できました。
DCIM0175-2.jpgDCIM0177-2.jpgDCIM0179-2.jpg
では、なぜエンジンの回転数が上がった時に電圧が上がったのでしょう?
あ、怪しいのがいました。バッテリーです。2010年10月製造 2011年3月から使用開始です。
もう少しで5年ですね。バッテリーがへたって来たようです。
ローターへの電力供給が止まっても、少し磁気が残っていてそれで発電していまいます。
その電力は、バッテリーで吸収されるはずですが、へたってくると余剰電力の吸収能力も落ちてきます。
今年の夏は越せるかなぁ。

posted by 青い亀 at 23:44| Comment(0) | 車両メンテナンス

2015年06月13日

2015 オイル交換 一回目

東北ツーリング帰ってきて車両の整備がまだでした。
気にはなっていましたが、かなかな、時間が取れずにいました。

日中は、暑いので、日が陰ってから作業開始です。

簡単に水洗い。それとエンジンオイルの交換。
水洗いが済んだら、水を切るのも兼ねて給油に出かけます。
これは、中沖さんか誰かの雑誌の記事で大戦中にトラックを洗車した後、隊の回りを一回りした話を参考に習慣にしています。


後、先日調達しておいた、ウインカーリレーを試してみるが、うまく動作せず。
ツーリング中に気なったレギレータの確認は出来ず。追い越し加速でエンジンの回転数が上がった時に、ウインカーの明滅周波数が上がる。)

要修理のテールランプを取り外し。(ベースしか残っていないけど。)

DCIM0168.jpg

そして、こんな不具合を発見。右のリアサスペンション下側の取り付けボルトが緩んでいました。
もう少しで抜けるところです。

113,000[km]
posted by 青い亀 at 00:00| Comment(0) | 車両メンテナンス

2015年04月16日

ポイントコンデンサー パンク その後

会社の帰りにモトラボロに寄って、単車をピックアップ。

中古のコンデンサー付けてもらいました。
フレームのクラックも溶接してもらいました。
そのついでに、メインスタンドを立てた際の位置の調整もしてもらいました。
(溶接で、ストッパーを大きくした)

タイヤの空気圧が足りなかったのを指摘されてしまいした。

ポイントは、ギャップが大きすぎたとの事。
タイミングと、ギャップを同時に詰めるのは、難しいなぁ
posted by 青い亀 at 22:18| Comment(0) | 車両メンテナンス