2020年09月20日

2020 南東北ツーリング 1日目

2018のゴールデンウィークから久しぶりの本格的なツーリングです。
今年の夏も計画はしたのですが、台風でお流れでした。

友人と待ち合わせの羽生PAの手前10kmぐらいから、雨がパラパラと落ちてきた。
待ち合わせの時間から30分以上遅れて、羽生PAに到着。
雨が、ひどくなってきたので、カッパを着込んで出発です。
まあ、しばらく走れば、雨雲から抜ける予定です。

高速を降りた辺りから、鼻水が。花粉症の発症です。

磐梯吾妻スカイラインを快適に駆け上がる。
吾妻レークラインへ。
猿が道の右側から左へ横切って草むらへ。急ブレーキ。
まあ、問題なく避けたと思ったら、
左側の草むらから、右へと猿がまた道を横切った。これには、肝を冷やしました。



2020 09 20 Route

宿泊:ペンション ベルク
posted by 青い亀 at 23:59| Comment(0) | ツーリング

2020年06月20日

2020 高山 1回目

新型コロナウイルスへの緊急事態宣言も解除され、
都道府県を跨ぐ移動の自粛要請も終わり、
梅雨の合間の晴れた一日になりそうなので、
ツーリングに出ました。

久しぶりのツーリングで、出がけに少々手間取ってしまいましたが、
どうにか6時前に出立

談合坂SAで天気予報を再確認。関東だけでなく中部、東海、関西まで一日天気が良さそうです。
コースを秩父のいつものコースから、高山のいつものコースに変更。

伊那まで、高速。国道361号を高山へ。
国道19号との重複区間から木曽で別れてすぐに、二台のスクーターとデュアルパーパスの三台組の後ろを走る。
なかなか、良いペースを作ってくれて、走りやすかった。彼らは、高山の入り口あたりで給油。バイバイ。

板倉ラーメンで昼食。20年ぶりぐらいだろうか。
美味いのだから、好みではない感じ。

国道158号をひたすら東進。乗鞍スカイラインは、もう一般車両は走れません。
最初に走ったのは、DAX70でだったような。記憶違いかなぁ。
全然エンジンのトルクが出なくて、ガンガンに回しながら登った記憶があるのだか。

当然、安房峠経由。とても細くて、私好みの「舗装された林道」の風情。
トンネルができるまで、観光バスがすれ違いながら走っていた道とは思えません。

松本に到着がかなり早い時間でした。いつもなら、国道20号に出てひたすら帰るのですが、
ビーナスラインに寄り道をする事に。
アザレアラインから、扉峠へ。ビーナスラインに入って、車山へ
KIMG0068-2.jpg
グライダーの発進は、かなりの急上昇で、凧のように飛ばしていました。
KIMG0072-2.jpg
レンゲツツジが綺麗に咲いていました。
KIMG0077-2.jpg
車検やなんかで、ツーリングに出る前に約一年で50kmの走行。
今回のツーリングで約750km、合計800kmを41.1[l]で走破。
燃費が19km/l を超えました。これは、嬉しい。
一回の給油で300km走れます。

走行 750 / 223,750 [km]
燃料 41.13[l] \5,777
posted by 青い亀 at 23:59| Comment(0) | ツーリング

2020年03月29日

30年目の車検

良く乗ったものです。
私の技量では、30年乗っても、車両の性能を100%引き出せているとは言えませんが、
十分に楽しんでおります。
立ちゴケや、スリップダウン等は、経験しましたが、
大きな事故に合わなかったのが、幸いしました。

いつものように、神宮司さんの所へ持ち込みました。

DSCF6377 -2.jpg
今回の車検で、予想外のメンテナンスが必要になった部品は、一覧です。

DSCF6379-2.jpg

まずは、イグニッションコイルの配線です。
はい、私が自分で配線しました。
取り回しが悪く、ハンドルを切ると無理がかかって断線したようです。
しかも、車検に出した時点では、ハンドルを切り切った状況でだけ、不良が現れます。
写真では、ちぎれて入りますが、返却されたとこには被覆部は問題ない状況で、
中の導線部のみきれていました。確認の為に引っ張った為、被覆部も切れました。
オーナーである私が認識していなかった問題を発見し、適切に原因を突き止める技量は、流石です。

DSCF6382-2.jpg
ロッカー・アームの扇動部にある部品です。規定より薄くなっていたので交換したそうです。

DSCF6390-2.jpg
ブレキーキマスターをホンダのCB-1000用の物に交換してあります。
この、パッキンが変形していたそうです。もう20年以上交換していなかったので、当然です。

DSCF6392-2.jpg
DSCF6397-2.jpg
ローアーフレームを止めるボルトです。
これは、マーニのウイークポイントの一つで、良く緩んで問題を起こします。
DSCF6396-2.jpg
こんな風にマークキングして、緩みを確認したくれました。
納車時に、緩んでいるのを発見し、急遽ボルトを交換する事になりました。
増し締めだけてでは、経験的に直ぐに再度緩んでしまう事が、多いとの事でした。

posted by 青い亀 at 23:23| Comment(0) | 車両メンテナンス